BURN THE WITCH【マジック#】まとめ

バーンザウィッチ マジックナンバー まとめ記事

大人気漫画家の久保帯人先生の新作BURN THE WITCH

久保先生といえばヒット作「BLEACH」でもお馴染みです。

BLEACHが大ヒットを記録した理由の一つに、厨二病の心をくすぶるワードやセリフの数々が挙げられます。

その中でも、特に少年たちの心を掴んだのが詠唱文です。

BLEACHとBURN THE WITCHの世界には関係性があるという記事を以前出しましたが、もちろん、作中の詠唱文のカッコ良さも変わらず引き継がれています。

今回はそんな「BURN THE WITCH」に登場する詠唱魔法『マジック#』をまとめました。

お気に入りの詠唱文を見つけてみてくださいね。

※この記事は「BURN THE WITCH」season1の内容を含みます。

スポンサーリンク

「BURN THE WITCH」あらすじ

ロンドンにおける死因の多くは、異形の存在”ドラゴン”が関わっているとされる。
しかし、ドラゴンの姿を見ることができるのは、ロンドンの裏側『リバース・ロンドン』の住人だけ。

そのリバース・ロンドンで、ドラゴンの保護と管理を任されているのが『WB(ウイング・バインド)』という組織。ドラゴンへの直接接触が許されるのは、試験をパスし、このWBに所属した有資格者、魔女(ウィッチ)/魔法使い(ウィザード)だけである。

表ロンドンでアイドルをしているニニー・スパンコールと、高校2年生の新橋のえるはWB所属の魔女。

ニニーは実績のために、のえるは報酬のために、今日もロンドンの裏側を駆け巡る。

作品をもっと知りたい方はこちら↓
作品紹介「BURN THE WITCH」作・久保帯人

『マジック#』とは?

マジック#(ナンバー)」とは、作中でニニーとのえるが主に使っている詠唱魔法です。

2人が所持している”笛”から魔法が発射されることから、笛吹き隊(パイパーズ)」で使用される魔法形態であることが予想できます。

攻撃型の魔法に限らず、ネットのようなものを張ったりすることもできます。

マジック#の種類はまだまだ未知数ですが、現在は75番まで登場しています。

BLEACHの「鬼道」と同じなら、九十番台まで存在しており、番号が大きくなるほど難易度も威力も上がることが考えられます。

BLEACHの「鬼道」とリンクしてる?

結論から言うと、完全リンクはしていません。

『マジック#31 ブルー・スパーク』と『破道の三十一 赤火砲』を比べても、術の名前、詠唱文も異なります。

先ほど”完全リンク”と表現したのは、尸魂界の鬼道などの術が進化している可能性がゼロではないからです。

「BLEACH」作中でも、いくつかの鬼道を組み合わせて発動する場面がありました。「BURN THE WITCH」は「BLEACH」完結の2年後という設定なので、縛道や破道が派生して新しい鬼道として番号を与えられている可能性があります。

とはいえ、現在の情報量では鬼道とは違う系統の詠唱魔法であると考えるのが妥当ですね。

「マジック#」一覧

マジック#を番号順にまとめました。
作品の続編が出次第、順次追加していくので、気になる方は是非ブックマークをよろしくお願いします。

#04 スタンボール

マジック#04 スタンボール

【使用者】新橋のえる
【魔法説明】球状の攻撃。威力は高くないが、相手を気絶させる。

#28 レイリー・ホイール

マジック#28 レイリー・ホイール

【使用者】ニニー・スパンコール
【魔法説明】放出型の範囲攻撃。

#31 ブルー・スパーク

マジック#31 ブルー・スパーク
詠唱文
指の先 声の鋒
リベンジャー・ジョーの鉄の鍵
五錠三鎖を連ねて静寂
笛の音色で眼を潰す

【使用者】新橋のえる
【魔法説明】青く光る砲撃。

#44 フラッシュ・バンパー

マジック#44 フラッシュ・バンパー

【使用者】ニニー・スパンコール
【魔法説明】伸縮性のある網を張る。粘着性は無い。

#68 スパーナル・ジェイル

マジック#68 スパーナル・ジェイル
詠唱文
高く 星の道 夜の果て
ホワイト・アルヴァが列をなす
リーズ・リース ライト・ライト
天を仰いでそこで終わり

【使用者】ニニー・スパンコール、新橋のえる
【魔法説明】光り輝く杭で相手を檻に閉じ込める拘束魔法。

#75 ガトリング・クラウン

マジック#75 ガトリング・クラウン

【使用者】新橋のえる
【魔法説明】複数の光り輝く矢を放つ。その様はまさに王冠。

おわりに

お気に入りの「マジック#」はありましたか?

BLEACHで詠唱文を暗記した!という想いでがある方は、懐かしかったのではないでしょうか?

これからも新情報が入り次第、「マジック#」一覧を追記していくので、ブックマークの方よろしくお願いします!

関連記事↓
作品紹介「BURN THE WITCH」作・久保帯人

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました