倍速なんてもったいない!等速視聴必須アニメ5選

まとめ記事

皆さんこんにちは!最近、映画やアニメの倍速視聴が話題になっていますね。賛否両論ありますが、実は筆者も倍速視聴します。今回は筆者がなぜ倍速視聴をするのかについて、そして、忙しい現代人もこれだけは等速で見てくれ!というおすすめのアニメを紹介します。

スポンサーリンク

筆者が倍速視聴するのはこんな時

最近アニメや映画の倍速視聴がネット記事で取り上げられていましたね。わたしが見かけた記事では倍速視聴に対して問題視する意見でしたが、私自身、倍速視聴に関しては正直「賛」も「否」もありません。
というのも、自分も倍速視聴する側の人間であり、普段から等速と倍速を使い分けることでより多くの作品に出会うことができているのも事実なのです。
もちろん、できるだけ等速で見たいのですが、時間が有限であることだけはどう頑張っても変えることができませんからね。
そんな筆者が倍速視聴をするのはこんな時です、

  • アニメいっき見する時の冒頭やアイキャッチ後のおさらいタイム
  • 原作漫画ファンで、アニメのテンポが自分の感覚と違った時
  • 友人におすすめされたが、自分の好みでなかった時

おさらいタイム

深夜枠のアニメでは少ないですが、夕方枠や何クールも放送しているアニメに多いおさらいタイム。冒頭やTVコマーシャル後にストーリーを違和感なく繋いだり、放送時間の調整などでおさらいタイムが挿入されていると思うのですが、いっき見する時は不要に感じることもあります。そういう時に、倍速や10秒スキップを使ったりします。
毎週チェックしているアニメを見るときは、冒頭のおさらいタイムはけっこう助かりますけどね。

自分の感覚と違った時

二つ目の、アニメと自分の感覚とのギャップは、正直これはしょうがないと思っています。原作から感じ取るテンポ感には個人差がありますし、アニメを作る側からしても決められた放送時間に合わせて画や音声を繋ぐのは大変な苦労だと思います。私は漫画を読むスピードが速いほうなので、時々アニメ版の展開が遅く感じてしまうことがあります。そういう時には1.25倍速で見ることもあります。

自分の好みでなかった時

「友人におすすめアニメを教えてもらったけど、1話見て自分の好みではないと悟ってしまった。」ということありませんか?わたしはけっこうあります。万人にウケるものというのは存在しないので、おすすめしてもらったものが好みでなかったということはもちろんありえます。しかし、せっかく進めてもらったので、倍速にしてでも最後まで見てから正直な感想を伝えると決めています。というのも、「1話じっくり見たけど好みじゃなかった」というのと「とりあえず12話見たけど好みじゃなかった」というのでは、後者のほうがおすすめしてくれた人に誠実な気がしませんか?それに、倍速で見ていたら途中から面白くなってきたから等速で残りを全部見た、ということもありますので。実際、名作といわれるアニメの中にも5、6話くらいから面白くなってくるスロースターターなものもありますし。

いろいろ書きましたがまとめると、
限りある時間の中で多くの作品に出会うために、倍速視聴を活用するのはひとつの手であるということです。
皆さんも自分のライフスタイルに合わせて倍速と等速を使い分けることをおすすめします。

等速視聴必須!おすすめアニメ5選

ここまで倍速視聴の活用について記述し、自身も倍速視聴をする側の人間であることを明らかにしましたが、そんな筆者でも「このアニメだけは等速で見てほしい!」という作品を5つご紹介します。あらすじと等速で見るべきおすすめポイントも紹介するので、時間ができた休日にみるアニメを探している方は参考にしてみてください。

ワンパンマン

合計話数:全24話

あらすじ:趣味でヒーローをやっているサイタマは3年間の特訓により圧倒的な力を手に入れた。どんな敵でもワンパンチで倒してしまう力にどこか物足りなさを感じているサイタマ。彼が本気で戦える敵は現れるのか。

おすすめポイント:一発で敵を倒してしまうサイタマの強烈な一撃は、倍速や10秒スキップをしていたら見逃してしまいますよ!大迫力の戦闘シーンも等速ですら追いつけないくらいのスピード感です。

モブサイコ100

合計話数:全25話

あらすじ:中学2年生の影山茂夫(かげやましげお)、通称「モブ」は地味で目立たないが実は最強の超能力の持ち主である。普通の生活を望み、自分の力に悩むモブが尊敬し”師匠”と呼ぶのは霊幻新隆(れいげんあらたか)という自称霊能力者であった。彼らを待ち受ける怪奇事件と”力”を持つ者たちを前に、モブは普通の学校生活を送ることができるのか。

おすすめポイント:先ほど紹介したワンパンマンと原作者が同じのモブサイコ100。アニメ制作会社はド派手な戦闘シーンが特徴のボンズ。霊能力者たちの奇抜な戦いはぜひ等速でお楽しみください。

日常

合計話数:全26話

あらすじ:妄想しがちでおバカな女子高校生の「ゆっこ」の周りはいつも賑やか。何やら人に見せることができない内容の漫画を描いている「みおちゃん」に超マイペースな「麻衣ちゃん」、ロボット女子高生の「なの」に8才の少女「はかせ」。ねこにヤギにシカに、アフロにモヒカン!?不思議なものがいっぱいの彼女たちのシュールな日常は今日もつづく。

おすすめポイント:日常系アニメは倍速視聴の対象になりがちですが、この「日常」というアニメ、俗にいうタイトル詐欺です。女子高生たちの日々は、”日常”と呼ぶにはスパイスが効きすぎた非日常。ほのぼの系と勘違いして倍速にしないで!

四月は君の噓

合計話数:全23話

あらすじ:あることをきっかけにピアノが弾けなくなってしまった元天才ピアニストの少年・有馬公生(ありまこうせい)。ある日彼が出会ったのは傍若無人なヴァイオリニスト・宮園かをり(みやぞのかおり)であった。少女との出会いをきっかけに、白黒だった彼の世界が色づき始める。

おすすめポイント:登場人物の心の浮き沈みに合わせたピアノ音楽が素敵なアニメです。クラシックに詳しくなくても大丈夫、全身で“そのままの音楽”を楽しんで。

この世界の片隅に

合計話数:1(アニメーション映画)

あらすじ:18歳のすずさんは日本海軍の拠点である広島・呉にお嫁にやってくる。配給物資が減っていく中でも、すずさんは家族と地域の人たちと共に工夫を凝らし、にぎやかな日々を送っていた。そして時は昭和20年3月、空襲にさらされる。

おすすめポイント:柔らかなタッチの画に心が穏やかになるアニメですが、ひとたび空襲警報が鳴りだせば戦争の悲惨さに心が痛みます。緩急あるストーリー展開に瞬きをするのも忘れます。後世に残したいアニメは等速視聴必須です。

おわりに

筆者おすすめのアニメはいかがだったでしょうか。もちろんおすすめしたい作品はまだまだありますが、今回は時間がない方向けということで5つだけ紹介しました。ゆったりできる時間ができた方は、ぜひ参考にしてみてください。

このブログでは、おうち時間の参考になりそうなものを紹介しているので、ぜひ他の記事ものぞいてみてください。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。それでは今回はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました