夏休みに漫画300冊読んでみた【マンガを大量に読む方法】

まとめ記事

みなさんこんにちは。
8月も中旬、沢山あった夏休みも終わりが見えてきましたね。

普段は会社務めしている筆者は、10連休の夏休みでした。

学生の頃と比べると短い夏休みですが、だからこそ、

充実したものにするために、毎年、自分に宿題を課しています。

宿題と言っても、読書感想文や漢字ドリルではありません。

去年はルービックキューブの習得、その前の年はTOEICでスコア700を取りました。

難易度もジャンルも毎年バラバラですが、なんとなく呑み会で話のネタになりそうなものを選んでいます。

今年はブログを始めたので、ブログの為にもなり、会話も弾むようなものということで

漫画300冊

を夏休みの宿題にしました。

宿題の感想や、読んだ中からオススメ作品、どうやって300冊読んだのかをまとめましたので、ぜひ最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

宿題の振り返り

夏休みの宿題「漫画300冊」読み終えての率直な感想は、

期限的にギリギリでした。

マンガ自体は大好きなので、読もうと思えばずっと読んでいられるのですが、

1日が24時間であることは変えられないので、10日で300冊が限界でした。

ただ、自分の読む速さを知れたことは、今後、ブログ記事を書く際の参考になるので良かったです。

みなさんも”連休で読み切れる漫画”を探す際の参考にしてみてください。

作品により差はありますが、文字を読むのが他人より少し早いくらいだと1冊15分~20分くらいが読了の目安です。

具体的にどういった作品がどれくらいで読めるのかは、第3章でご紹介します。

「マンガを大量に読む方法」の前に、まずは300冊の内訳と、その中から面白かったおすすめ作品を紹介します。

300冊の中からオススメ作品

300冊の内訳

夏休みの10日間でよんだ300冊を紹介します。
※[]内の数字は読んだ冊数です。

蔵書(私物)
・宝石の国[11]
・終末のワルキューレ[11]
・葬送のフリーレン[4]
・怪獣8号[3]
・九龍ジェネリックロマンス[5]
・能面女子の花子さん[6]
・地獄楽[13]
・BEASTERS[22]
・呪術廻戦[16]
・ゴールデンカムイ[20]
・月刊少女野崎くん[14]
・新世紀エヴァンゲリオン[14]
・古見さんは、コミュ症です。[4]
・ハイキュー!![45]
・七つの大罪[29]

レンタル
・ワンピース[32]

アプリ・サイト
【ジャンプ+】
・ワンピース[29]
・ダンダダン[1]
・ボーダレスネーム[1]
【kindle unlimited】
・本好きの下克上[7]
・乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・[1]
【ブック(Apple)】
・鬼灯の冷徹[3]
・空挺ドラゴンズ[3]
・オリエント[3]
・ちはやふる[3]

オススメ作品

空挺ドラゴンズ

天空を泳ぐ龍を追い、捕らえ、解体し、それを売って旅をする。今は少ない現役の捕龍船”クィン・ザザ号”とその乗組員の龍捕り(オロチトリ)と呼ばれる人々。帰るべき港もない彼らの旅は、今日も空の上で続く。

アニメは見たことがあるのですが、CGアニメだったので、正直、苦手でした。今回、iPhoneの純正アプリ”ブック”で3巻まで無料だったので、読んでみたところ、思った以上に絵がキレイで良かったです。
捕らえた龍を使った料理も見どころの作品なので、CGアニメよりも手書きの方が断然ストーリーに合っていると思いました。アニメしか見ていない人は原作の漫画もぜひ読んでみてください。

ちはやふる

小学6年生の千早は、姉の夢が自分の夢だった。ある日、福井からの転校生・新と出会い、競技かるたの世界を知る。名人を目指す新に心動かされ、千早はクイーンになるという”自分の夢”を目指し歩み始める。

言わずと知れた名作ですね。
かるたという一見地味そうで、実はとても熱い世界を描いた青春群青劇です。かるたといえば、百人一首といえば”ちはやふる”と言ってもいいくらい有名な作品です。
なかなか読む機会が無かったので、3冊無料で読めて良かったです。現在、4巻以降も読んでいる途中です。

本好きの下克上

死の直前、生まれ変わっても本がたくさん読めますようにと願った麗乃は、気がつくと異世界に転生していた。本さえあればどんな環境でも、と願った彼女だったが、この世界には本どころか文字も普及していなかった。

小説投稿サイト「小説家になろう」で人気を博し、アニメ化もしている「本好きの下克上」
本が好きという熱意だけでどんどん成り上がっていく様がとても面白いです。
異世界転生系ではお決まりの、正体がバレるかバレないかの展開もハラハラします。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった・・・

乙女ゲームのヒロインのライバル、カタリナ・クラエスに転生したヲタク女子。傲慢でわがままな悪役カタリナの破滅ルートを回避するべく奔走する。

タイトルが長い!というツッコミはさて置き。
こちらも”なろう”系ライトノベルでアニメ化もした作品です。
ライトノベルは専門外ですが、あまりの面白さに小説、アニメ、漫画のすべてチェックしようか検討中です。
悪役令嬢の主人公がとにかく大好きで、友達になりたい悪役No.1決定です。

マンガを大量に読む方法

短時間で大量に読む

大前提として、本来ならば、ゆっくりと時間をとって漫画の世界を楽しむことをおすすめします。

しかし、何か事情があって「とにかく短期間で数冊読まなければいけない」という状況や、

マンガ初心者で「さっくりと読みたいのです」という方。

そんなみなさんは、文字が少ない漫画選びに気を付けましょう。

では、どういった漫画を選ぶ文字が少ないのかというと、

・雰囲気を大事にした漫画を選ぶ
・少女漫画、恋愛漫画を選ぶ
・ゴリゴリの格闘漫画を選ぶ

この3種類の漫画は、比較的短時間で読むことができます。もちろん、作品差はありますが、年間1200冊読む筆者の経験上は、だいたいの漫画で通用します。

1つ目雰囲気を大事にした漫画というのは、今回読んだ作品の中だと「宝石の国」が当てはまります。文字では無く、キャラクターの表情で読者に伝える事をとても大事にしている印象です。

2つ目の少女漫画、恋愛漫画も同じです。男女間の歯がゆい距離感が醍醐味の少女漫画では、何コマも使って甘酸っぱい雰囲気を表現します。恋に言葉は必要ないということですね。

ゴリゴリの格闘漫画にも言葉は要りません。戦いに必要なのは拳と魂の叫びだけです。今回は読んでいませんが、「刃牙」シリーズもかなり短い時間で読むことができます。

お金をかけずに大量に読む

インターネットやスマートフォンの普及により、誰でもいつでもお手頃に漫画を楽しめる時代になりましたね。

筆者も年間1200冊の漫画を読みますが、そのほとんどが所持品(蔵書)以外です。

1200冊の内、とても気に入って購入までするのはだいたい100冊程度です。

では、残りはどうやって漫画を読んでいるのか。実際に筆者が利用しているサービスを紹介します。どれも低額なものなので、参考にしてみてください。

アプリ

各出版社が運営している漫画アプリがおすすめです。

具体的には、ジャンプ+サンデーうぇぶりといったアプリです。

ジャンプ+で連載中の漫画は無料で読めるのでとてもお得です。
さらに、最近は「SPY×FAMILY」や「怪獣8号」、「ダンダダン」といったジャンプ+連載作品の人気が上がる傾向にあるので、マンガ好きなら最重要チェックアプリです。

サンデーうぇぶりは小学館のオススメ漫画が読めるアプリです。昨年の夏には大人気漫画「結界師」の全巻無料キャンペーンを開催していたりと、とても太っ腹なアプリです。

その他にも、Kindleブックもおすすめです。

AmazonのサービスKindleは電子書籍の中でも特に有名ですが、無料作品もあることご存じでしたか?

特に、インディーズマンガが読めるのはKindleが特徴です。掘り出し物が好きな方は必見ですね。

さらにKindle Unlimitedだと、月額980円でマンガを含む200万冊以上が楽しめます。

さらにさらに30日間無料体験に加え、現在、夏のキャンペーン中で、2カ月間月額99円ですので、興味がある方はお早めに。

ブックはAppleが提供しているアプリで、iPhoneにはじめからインストールされています。

あまり知られていませんが、こちらのアプリもkindle同様、数冊無料で読むことができます。
試し読みに最適なので、利用したことが無い方はぜひ、この機会にお手元のiPhoneをチェックしてみてください。

サイト

コミックシーモアめちゃコミックが有名どころです。

漫画サイトに関しては、有名なサイトほどおすすめです。知名度があるサイトの方が、よりたくさんの漫画をあつかっているからです。

漫画サイトのオススメの使い方は“乱読”です。

とにかくたくさん、無料と書いてある漫画を読んで下さい。

そこで気になった作品を、アプリで探してみたり、レンタルしてみるのが良いです。
新境地開拓に活用してみてください。

マンガ喫茶

コロナ禍なのでお勧めはできませんが、マンガ喫茶も多くのマンガ好きが利用するサービスのひとつです。

こちらも乱読がオススメです。

値段はまちまちですが、筆者がよく利用するところは3hで1000円です。

時間いっぱい乱読して、気になった漫画を後日レンタルなり、購入するのが筆者の楽しみ方です。

乱読以外にも、パラパラ読みもマンガ喫茶ならではです。

レンタルするほどではないが、懐かしい漫画を振り返りたくなった時に、マンガ喫茶でパラパラと読みます。

レンタル

筆者が一番利用しているTUTAYAレンタルです。

20冊以上借りると一冊55円なので、それ以上借りるようにしています。
目標は近所のTSUTAYAの漫画をすべて読むことです。今のところ1/4くらい読んでると思います。

店舗にもよりますが、最近の漫画を置いている所も多く、低額で流行に乗れるのがオススメポイントです。

マンガ喫茶とは違い、時間があまり気にならないので、読むのが遅い方、じっくりゆっくり読みたい方はレンタルが良いでしょう。

今回オススメした中では値が張るサービスですが、アプリやサイトのように”途中までしか読めない”ということも無いので、筆者は一番気に入っています。

おわりに

今年の夏休みはマンガ漬けの日々で、漫画大好きなひきこもりとしては充実した休暇になりました。

みなさんも長期休暇を利用して、好きなものにどっぷり浸かったり、何か目標を決めて取り組んでみてください。

来年は「ちはやふる」にちなんで百人一首の暗記でもしますかね。

それでは、次回の記事と来年の夏もお楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました